ひだまりの部屋を抜け出し”えほんの部屋”へ行きました。

大好きなお母さんにえほんを読んでもらうのは、子どもたちにとってとても幸せなこと。

穏やかな時間が流れています。